リサーチも終わり、さぁ書くぞっと思ってもなかなかかけない。
いざ書き出してもすぐに手が止まってしまう。

きっとこんなことがあると思います。ライダーズブロックとも言います。

そんな時は、セールスレターをブロックごとに考えて書く。
そしてそのブロックを並べていくように書くと、

非常に効率的で書きやすいです。

 

具体的に説明すると

セールスレターには、大体5つのブロックがあります。

 

 

1つ目が、ヘッドライン。

 

ヘッドラインは一番初めに目に飛び込んでくる部分です。

ヘッドラインのできで、レターが読まれるかどうかが決まります。
売り上げの7~8割はヘッドで決まるとも言われています。

これが読まれないと、ノットリードの壁は超えられません。

ですのでセールスレターの文章を書いている時間の8割ぐらいを
このヘッドラインに費やします。

ヘッドラインは、70~100個ぐらいは書き出します。
その中からいくつか選んでテストします。

テストにもれたものは、後で説明するブレッドにも使えるので
面倒くさがらずに出来るだけたくさん書き出すことが重要です。

僕の場合、ヘッドランを書いていると、
どんどんアイディアがわいてくるのでまず最初にやっています。

 

 

2つ目がサブヘッド

 

サブヘッドというのは、小見出しで、
要所、要所に書かれているものです。

ほとんどの人がそうだと思うんですが、レターを最初から熟読せずに
スクロールしながらパァッ、パァッと目に付くところだけを読んでます。

それで大体どんな内容なのかをつかんで、
気になるところに戻って、じっくり読んだり、またスクロールしたり。

大体そういう読み方をします。

ですので、このサブヘッドを読んだだけで
買いたくなるようなものを書きます。

 

 

3つ目がブレッド

 

箇条書きです。
ミニヘッドラインともいえます。

具体的に説明すると

この商品は、こんな人に向いてます。

  • ブレッド
  • ブレッド
  • ブレッド

この商品を買うと

  • ブレッド
  • ブレッド
  • ブレッド

といった具合に、
ベネフィットをできるだけたくさん並べるわけです。

ヘッドラインにしてもいいぐらいのベネフィットを書きます。

ここで最初にたくさん書き出したヘッドラインが生きてきます。

 

ブレッドは、長い文書より読みやすく、要点もつかみやすいので
読み手はどれかのブレッドに反応し、また次を読みたくなるわけです。

 

 

4つ目が保証。

 

リスクリバーサルです。

保証の目的は、
見込み客(読み手)がイエスというほうがノーというより簡単な状態にすることです。

見込み客が申し込みという決定を下す際には、
必ず金銭的、心理的、感情的なリスクを抱えます。

このリスクを取り除けばノットアクト「行動しない
という壁を超えられるわけです。

 

 

5つ目が追伸。

 

この追伸ですが、
ヘッドラインの次に読まれる場所です。

人はヘッドランを読んで、
すぐにスクロールして追伸などを読み、価格を見て
そして上にもどっていく傾向があります。

なので追伸では、最後の一押しをするという役割があります。

簡単に言えば「買ってください」というわけです。

熱い理念、感動させるような理念を語って
一押しするという方法もあります。

 

あともう1つの役割は、前の本文を読ませることです。

例えば、「先ほど説明したように***ボーナスは明日までです。」
というように書くと、「えっ、どこに書いてあったろう?」と
本文にもどって確認するわけです。

追伸では、この2つの役割があります。

 

以上、5つのブロック
ヘッドライン、サブヘッドライン、ブレッド、保証、追伸
この5つのブロックに分けて書いていきます。

 

 

それと最後にもう1つ、物語、ストーリです。

 

人は「ストーリー(物語)」が大好きです。

ヒットした映画や小説には、
グイグイと引き込まれるような「ストーリー」がありますよね。

ストーリーがあると、ノットリード、ノットビリーフの壁を容易に超えられます。

 

このブロックとストーリーを QUEST FORMULAに沿って並べて書く。

そうするとセールスレターの基本的な流れになります。