クライアントが質問するとします。
「私は、なぜ、あなたに依頼しなければならないのですか?」

もしくは、
「あなたに依頼するとどんな良いことがあるのですか?」

と聞かれたときに一言で、明確な答えを出した時、
そして相手が納得した時、そのクライアントは、どうなるでしょうか?

あなたがクライアントの立場だったら、
きっと依頼するのではないでしょうか。

 

つまり
独自の売り(USP)を明確にすることで、
あなたは競合よりも有利な立場に立ちます。

しかし、強み、独自性を明確にできない場合、
独自のメリットを提供できないと考えているなら、
ビジネスとして生き残るのは難しいと言えます。

USPを明確にするにはコツがあります。

もし、今ないと感じても大丈夫です。
それは、つくることが可能ですから。