ネット集客を始める前に、
これぐらいは知っておいたほうがいいということで、

ドメイン、レンタルサーバーとは何か、そしてホームページの修正方法について書きます。

ネット集客を始める時には、ホームページを準備しなければいけません。
これがなければ見込み客を集めることが出来ませんね。

ホームページを開設するためには、
ドメインとレンタルサーバーを準備しなければいけません。

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので,
このサイトのURL https://www.blila.jp の blila.jp のこと。

そして、レンタルサーバーが土地のようなものです。

この二つを用意しないと、家(ホームページ)を建てることが出来ません。

 

ドメインを取得するにはこちらが安いのでおすすめです。
VALUE DOMAIN(バリュードメイン)

 

サーバーは、Xサーバーいいでしょう。

マルチドメインにも対応していますし、動作も安定しています。コストパフォーマンスもいいです。 
バリュードメインに比べると少し高いですがドメインも一緒に取得できます。
エックスサーバー

 

次にホームページですが、 自社で作成するのか、それとも業者に外注するかです。

手っ取り早いのが業者に依頼することです。

ただし、1つ問題があります。

ホームページは、出来てからが勝負です。
そのページの成約率を上げるために何度もテストをする必要があるからです。

 

例えば、ヘッドラインだけを変えた2種類のページを作り、
どちらが成約率が高いのかテストします。

A/Bテスト(スプリットラン)と呼ばれるものです。

 

そのたびに業者に依頼していたのでは、時間もお金もかかります。
ですので、文言を変更する程度は出来るようになることをおすすめします。

 

サーバーやホームページに関しての基本的なことは、
初心者向けの書籍を一冊用意して読んでください。

こちらの「速習Webデザイン 改訂第3版 HTML&スタイルシート」  がおすすめです。

 

もし自社で作成する場合は、テンプレートを購入したほうが良いでしょう。

僕も採用している「SEOテンプレート【賢威】」 をおすすめします。

こちらのテンプレートは、SEOにも強く、
HTML、WordPressの2形態のテンプレートのセットになっています。

また、プロのSEOマニュアルもついていますのでSEOの勉強も出来て一石二鳥です。
サポート体制も充実していますので、「こんな風に変更したい」といった質問にも答えてくれます。

さらに定期的にバージョンアップしてくれますし、一度購入すれば永遠に使い続けられます。

 

それとホームページビルダーやDreamweaverなどの
ホームページ作成ソフトもあったほうがいいいでしょう。

ただし、なくてもOKです。
テキストエディタで編集可能です。

参考にテキストエディターは下の2つがおすすめです。
どちらも無料です。

Windows用
Crescent Eve

UnEditor
(UnEditorはタブが使えます。)

Mac用
mi
(miはタブが使えたり、矩形選択もできます。)

それと、FTPソフトが必要です。

これは自分のパソコンの中にあるデーターをサーバーに
アップロード(転送)する時に使うソフトウエアーです。

インターネット上には無料のものが公開されていますのでそれをダウンロードして使います。

代表的なものを紹介します。

Mac,Windowsの両方で使えるト「Filezilla」(ファイルジラ)がオススメです。

「Filezilla」(ファイルジラ)の下記サイトにアクセスします。
https://filezilla-project.org/

1、赤枠をクリック。

FileZilla

 

2、Mac用は①の赤枠をクリック。Windows用は②の赤枠をクリック。

FileZilla

 

ホームページ作成で分からないことが出てきたら 下記のサイトが参考になります。

とほほのWWW入門

HTML+CSS Web制作リファレンス

ということでネット集客で必要なものとして一通り紹介しました。
やってみると意外と簡単です。

Let’s try!